top

 

 スポンサードリンク

肉巻き大根の煮物

かさ増しのレシピというのは、主婦として節約料理の貴重な手法として利用したいですよね。

少ない肉でも満足感のあるおかずを作るための名脇役には豆腐やおから、厚揚げなどの大豆製品のほか、大根などの野菜もボリューム感を出すのに役立ちます。

さて、ここでは大根に少ない肉を巻きつけて、薄切り肉でもちょっとした塊り肉のような食べごたえのある一品を作ってみます。

豚の薄切り肉が安売りしていたり、まとめ買いした薄切り肉が冷凍庫にあったりしたら、この節約料理を作ってみてください。

【材料】

豚の薄切り肉…200g
大根…15cm
生しいたけ…8枚
しょうゆ…大さじ3
酒…大さじ2
砂糖…大さじ2
しょうが…1/2片
水…適量
サラダ油…少々


【作り方】

(1) 大根を5cmの長さに切り、皮をむいて縦4つに切り分けます。
しいたけは石づきをとっておきます。
(2) 薄切り肉で大根がかくれるように巻きつけます。
(3) フライパンにサラダ油を熱し、2.を入れてこんがりと焼き目がついたら水をひたひた位に加えます。
(4) そこへしょうゆ、酒、砂糖、薄切りにしたしょうがを入れて、しいたけも加えて大根が柔らかくなるまで煮ます。

大根と一緒に煮るものは特にこだわらず、家にその時あったもので十分だと思いますよ。
レシピ通りにするために、わざわざ食材を買い足しすなんてことをしたら節約料理になりません。

大根にしっかりと味がしみこむ濃い目の味なので、ご飯のおかずにはもってこいです。
また、ゆで卵を一緒に煮るなんていうアイディアもかさ増しにもってこいでしょうね。
  


薄切り肉のから揚げ

100年に一度といわれるこの不景気な時代、明日の仕事でさえも不安なお父さんたちのために、家計を預かる主婦も頑張っています。
毎日チラシとにらめっこしながら少しでも安く買い物し、残り物を出さないように、無駄を出さないように工夫をし、おいしいながらも飽きない節約料理を作ろうと日夜あれこれ考えているのです。

ただ、いくら節約料理に徹するとは言っても、食材が野菜ばかりではどこか寂しくもなります。
みなさんもそうでしょうが、やっぱりお肉も食べたいですよね。

そういうときにかなり大きな味方となってくれるのが薄切り肉です。
主婦ならご存知でしょうが、豚の薄切り肉はよく特売されますよね。
薄切りだと馬鹿にしてはいけません。薄切りという形のおかげで、意外といろいろなレシピに応用がきくという利点があるのです。

さて、ここでは「揚げ物を食べたいけど、今ちょうど豚の薄切り肉しかない」というときに、もうピッタリなレシピを紹介しましょう。


【材料】

豚の薄切り肉…200g、焼肉のたれ…大さじ4、はちみつ…大さじ2、小麦粉…大さじ2、片栗粉…大さじ3、揚げ油


【作り方】

(1) 焼肉のたれとはちみつをよく混ぜて漬けダレを作ります。
(2) 薄切り肉は1枚ずつ広げ、端から丸めて1.のタレに漬け込み冷蔵庫で1時間ほどおきます。
(3) ポリ袋に小麦粉と片栗粉を入れて振り混ぜ、2.の肉を入れて袋の中でまんべんなく粉をまぶします。
(4) 170℃~180℃に熱した油で(3)をからりと揚げます。

好みの問題ですが、今回は市販の焼肉のたれを使って下味をつけました。
これもたまたま冷蔵庫にあった焼肉のタレを使ったということもあります。
このタレに、もしあれば、はちみつを加えることで、まろやかさを加え、さらにお肉が柔らかく仕上がります。
いろんな料理にみりんを加えるような感じですね。
このから揚げは、お弁当のおかずにいいですよ。
  


鶏肉のペッパー焼き

ちょっと前まで、クリスマスの季節が近くなるとケンタッキーフライドチキンのようなチキンのCMが増えますよね。
でも、クリスマスに限らず、鶏肉というのを無性に食べたくなることってありませんか。

ただ、1本いくら・・・と値段を考えると、結構痛い出費。
クリスマスか何かの特別な日でないと、なかなか思い切って買えないのが悲しい現実・・・
節約料理にかける主婦にとっては、ハッキリ言って簡単には手が出ません。

それでも、子どもたちはあのフライドチキンというのが大好物。
どうしてもフライドチキンが食べたい、とせがまれたら、どうしましょう。

さぁ、そこで節約料理主婦の本領発揮、家で作ってしまいましょう。

鶏肉は、安売りのときに購入しておきましょう。
かなり安上がりとなりますが、お店の味に負けず劣らずのレシピですから、うまくいけばお子さまたちから「こっちの方がいい」と褒めてもらえるかもしれませんよ。

さて、そんな、お店に負けないレシピは以下の通りです。


【材料】

鶏肉…2枚、粗びきブラックペッパー…大さじ3、塩…大さじ2、バターorマーガリン…大さじ2、にんにく…1片、片栗粉…適量、オリーブ油…適量


【作り方】

(1) 鶏肉は、皮にフォークをさして穴をあけ、食べやすい大きさに切り分けます。もちろん、切らずにそのままガッツリ焼いてもOKです。
(2) 鶏肉の両面に、ブラックペッパー、塩を振り、ビニール袋の中で片栗粉をまぶしつけます。
(3) にんにくはスライスし、フライパンにオリーブ油とともに入れて火にかけ、油ににんにくの香りを移します。
(4) (3)の鶏肉は皮目を下にして焼いていきます。
焼き目がついたら裏返し、両面とも焼き目がついたら再び皮目を下にして焼き、肉の上にバターかマーガリンを乗せてふたをし、蒸し焼きにします。


ちなみに鶏肉はムネ肉でもモモ肉でも、安く手に入る方で構いません。
ぜひ一度お試しください。

  


おからのサラダ

今回は、おからを使った節約料理レシピを紹介しましょう。
と言っても、卯の花と呼ばれる一般的なおからではなく、ちょっと変わった洋風のサラダにしてみたいと思います。

最近は、スーパーなどで1袋50円から100円程度で、お惣菜コーナーに行けば卯の花煮の小さなパックが100円前後で買うことができます。

おからは、調理したことのある方ならご存知のように、びっくりするくらいふくらむのでボリュームが出てくるし、元が大豆なので、その大豆に含まれるタンパク質や食物繊維も豊富で、経済的にも栄養的にも優秀な食材です。
これは、節約料理に利用するためにあるような食材ですよね。ただ、普通のおからのおかずと言うと、もうそれだけというワンパターンになりがちです。
おから自体はあまり日持ちしません。だからといって無理に大量の卯の花煮を作らなくても、冷凍保存が可能なので、小分けしていろいろなおからレシピに挑戦してみましょう。


【材料】

おから…200g、ミックスベジタブル…200g、ねぎ…1/4本、ドレッシング(マヨネーズ…大さじ4、顆粒コンソメ…小さじ1/2、塩…小さじ1/2、こしょう…少々、水…100ml)


【作り方】

(1) 耐熱性のボウルにおからとミックスベジタブルを入れ、ドレッシングの材料をすべて加えて混ぜ合わせます。
(2) (1)のボウルにラップをかけて電子レンジで6分加熱します。
(3) ラップを取り、小口切りにしたねぎをざっと混ぜます。


先ほども書きましたが、おからは日持ちがしません。だから、使わない分は早めに小分けして冷凍しましょう。
ジップロックなどにそなまま入れて平らに伸ばして冷凍してもいいし、一度フライパンでパラパラになるまで炒って、水分を飛ばしてから冷凍し手も構いませんよ。



  


上手に冷凍保存

節約料理の極意は、旬のものを安くまとめ買いして有効活用。
そのためには、上手な保存方法も知っておく必要があります。

それに、一人暮らしの食事のように一度に作る料理の量が少ないと、大量に使ったときのような美味しさが出なかったり、材料費や光熱費なども不経済で、かえってもったいないことになります。

だから、食材は一人分とかじゃなくて丸ごと買った方が絶対にお値打ちですし、食事の用意のたびにガスを使って調理するよりも、まとめて作ることができれば経済的ですよね。
つまり、一人暮らしの人こそ、節約料理術を身につけるべきですね!

そんなときに絶対に必要なのが食材の冷凍保存方法を知っておくことです。
まとめて買って、まとめて作って、小分けして冷凍保存。
コレこそが節約料理の真髄です(大げさかな(^_^;))。

さて、たくさんある冷凍保存法ですが、ここでは分かりやすいと思われるいくつかの便利食材を紹介しましょう。


●ひじき

まとめて一袋(60g)を水でもどしてから水気をしっかり切り、だし汁300ml、しょうゆ大さじ2、みりん大さじ2で煮ます。
そのまま冷まして味を含ませ、汁気を切ってから小分けして冷凍します。
このように下煮しておけば、煮物はもちろん、炒め物やパスタなどのレシピにもすぐ利用できます。
切干大根も同じように下煮して冷凍保存ができます。
ひじきや切干大根のサラダはヘルシーで、野菜不足になりがちな一人暮らしの人には嬉しいレシピですね。


●ピザ用チーズ

大袋で買うとお値打ちですが使い切れずカビを生やしてしまってはもったいないですね。
小分けして冷凍しておけば、そのまま食パンに乗せてトースターで焼けばピザトースト風になります。


●揚げ玉

揚げ玉は酸化しやすいので、使う量に小分けしてラップに包んで冷凍しておきましょう。
凍ったまま味噌汁やうどんなどにトッピングしお好み焼きに加えることができます。
揚げ玉は煮物や炒め物にもちょっと加えることで、肉を入れなくてもコクが出るので、使い慣れると便利な食材です。


●バナナ

まとめて買っても一度に使い切れず、キッチンで黒くなっていくバナナ・・・
使わず捨てることになる前に、皮をむいてつぶし、レモン汁を振りかけてジップロックなどに入れて冷凍保存してしまいましょう。
そのままシャーベットのように食べてもよいですし、解凍して蒸しパンに混ぜたりヨーグルトに混ぜてもおいしいです。


いかがですか?
少し調べただけでも、以上のようなものがありました。

また、見つけたら投稿しますね。
  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら